安定性を保つために【地盤改良で安全性を高める】

火力とバイオガス

主なものは火力発電です

震災以来、原子力発電が見直されつつありますが、依然として原子力発電は残っています。国内で消費されている電力が多いために仕方が無いものだと思いますが、新しい発電で原子力発電の代わりにならないかという研究が各国でなされています。 現在日本で一番の発電方法は火力発電です。おなじみですがゴミや燃料を燃やすことによりお湯を沸騰させて、タービンを回して発電します。一番ポピュラーな方法ですが二酸化炭素や有毒ガスの影響があるとされていて安全性に疑問視されています。 言うまでもありませんが原子力発電というものに危険は付き物です。核分裂の力によってお湯を沸かすのですが、有害な汚染水が出るために危ないといわれています。

バイオガス発電が注目されています

このような状況の中で先進国、特に日本ではバイオガス発電が研究されてきています。バイオガス発電というのは従来のような物を燃やしたり原子力に頼るというシステムとは全く異なります。 有機物を放置しておくとガスが発生して、醗酵されるので熱が生まれます。このガスや熱を利用して電力を取り出そうというのがバイオガス発電なのですが、とても環境に良いです。なぜなら、バイオガス発電がおわったあとの消化液は有害ではなく、再利用できるものだからです。大量の二酸化炭素が出る火力発電や核廃棄物が出る原子力と違い、とても安全といわれています。 発電力が低いという事が唯一の欠点ですが、日本の高い技術力によってそれも少しずつですが改善されているらしいです。