安定性を保つために【地盤改良で安全性を高める】

エネルギーの一つ

最近、色々なエネルギーがあります

2011年の大地震とそれに伴う原発所の事故により、日本ではかなりエネルギーに関して関心が強くなったと思います。例えば太陽光発電ですが、震災以降家に取り付ける人が急増したといわれています。屋根のパネルを見れば分かるのだとおもいますが、私の家の近くではあのパネルがいたるところにあります。 エコのためというかたも居るかもしれませんが、大多数は光熱費の軽減を目的にしてのことだと思います。初期費用は確かにかかりますが。その効果はかなりのもので、一年に10万円ほど光熱費が安くなるという例があります。それと地中熱利用の発電は似たようなものなのですが、太陽光発電に比べて多くの利点が存在します。解説していきたいと思います。

地中熱利用というものがあります

地中熱利用の発電というのは文字通り地中の熱を利用しての発電です。太陽光の場合だと雨の日は発電できませんし、冬は日光が弱くなります。それに比べて地中熱利用は一年を通して同じ温度で発電できるのです。地熱というのは不思議なもので、夏でも冬でも、雨でも晴れでも、温度がほぼ一定なのです。これはとても効率のいいシステムを動かす事ができるので、最近注目されてきています。 まだ価格的には高いのかもしれませんが、毎月の電気代が安くなるという事で地中熱利用はとても注目されています。自然を汚さない新しいエネルギーとして色々な企業や研究機関が研究しているので、これからどんどん安くなり、発電の効率もよくなると予想されています。